こんばんは、塾長の宮田です!

いつもブログを読んでくださいまして、ありがとうございます♪

今日は、学習に取り組む姿勢や考え方のお話しをします!

 

早速ですが、みなさんはこのような経験をしたことがありますか?

①テスト勉強でたくさん問題を解いたのに、テストではあまり点数が上がらなかった

②以前解いた問題と類似した問題で間違えてしまった。

 

当日問題が難しかったからとか、緊張していてうまく解けなかったとか、

原因はさまざまですが、今回は 勉強の「質」 という部分に焦点を当てていきます。

 

勉強の「量」をこなすことは、問題慣れするためにもとても大切なことです。

ですが、それと同じくらい勉強の「質」も大切です。

 

テストで成果を発揮できる子は、自分の振り返りを上手に行います。

答えを間違えた時、自分はどこをどのように間違えたのか、答えと比較し、

正しい答えが得られるまで徹底的に問題を解き直します。

そして、自分が納得するまで解説を読んで、問題に対する理解を深めようとします。

ここまでやるからこそ、次は同じ間違いをしないように強く意識したり、

学んだことが記憶に定着しやすくなります。

 

たった1問に時間をかけるのは勿体ない、という生徒が時々います。

ですが、間違えた問題を見直すことは、自分の弱点を知ることであり、

弱点を克服するためのヒントを得ることができます。

 

答えが違ったから、とりあえず解答を確認して、

なんとなくわかったから次に進もう、という姿勢だと、

自分が成長できる機会を逃してしまいます。

 

自分を振り返ることは、勉強以外にもスポーツ、仕事、どんな時にも役に立ちます。

塾生たちには、勉強を通して自分を振り返ることの大切さに気づいてもらいたい、と考えています。

もちろん、量をこなすこともとても大切なので、量と質の両立が重要です!

 

この気持ちを忘れずに、指導に今後も指導に努めてまいります!

今回の更新はこのあたりで終わります!

最後までブログを読んでくださいまして、ありがとうございました!