こんばんは、塾長の宮田です。
次の日に更新するつもりが・・・日が経ってしまいました。

さて、前回は
自分の長所と短所を両方とも知ることが大切だよ!という話をしましたね。
今回はその続きです。

今回の大事なお話しは、
長所も短所も見方次第では、
逆の意味としても考えられるということ。

自分にとっての短所は他人にとっては長所に見えたりもするのです。

例えば、
「人前で話す時に緊張をしやすい人」は
「成功したいという気持ちが強い人」
とも考えられるかもしれません。

1つの事柄を様々な視点から評価をできるようになると、
自分のことについて深く知ることができます。

そして自分自身のことは正しく評価しづらいものです。

保護者の皆さまは、日頃からお子さんに長所を伝えてあげてほしいです!
短所を伝える場合は、必ず長所を伝えた上で
「ここが~~になったらもっと良くなるね♪」と伝えてあげてくださいね。

そして、生徒の皆さんは、友達同士で良いところ探しに取り組んでみてください!
自分のこともわかり、人の良いところを自分に取り込むチャンスにもなります。

僕の塾はこの考え方を大切にして授業をしています。
僕はかなり口うるさいのですが、生徒の長所も伝えた上で指導をしています。
通っている生徒が1人でも多く、
自分に自信を持てるようになってくれたら嬉しいな と考えています。