こんにちは、塾長の宮田です!

昨夜、名古屋はひどい嵐でしたね。今日は打って変わって晴れた日になりました!

そんな暑い日には冷たいゼリーがオススメです!

インスタントコーヒー、お水、砂糖、ゼラチンがあれば、コーヒーゼリーがとても簡単に作れるんですよ。詳しい作り方を知りたい方は、塾で私に聞いてみてくださいね♪

 

さて、皆さんは「漢熟検」をご存じですか?

漢字や熟語の習熟度を高めることを目的とした検定のことで、当塾でも年に3回実施しています。

「漢検とは違うの?」という質問をよくいただくのですが、漢検とは狙いが異なります。

漢熟検は、熟語の意味や使い方を正しく理解できているかが問われる検定です。

 

初対面の方と話をしたとき、相手の話し方や言葉の選び方によって、誠実そうな人だ、とか、怖そうな人だ、という自分の中でのイメージができますよね?

相手に与える印象というのは、社会に出てから他者と関わる上でとても重要になります。

尾頭橋校では、学生のうちに漢熟検の勉強をしておくことで、熟語を正しく使い分ける知識を学び、社会に出てから活躍できる人材になるための基盤作りを後押ししています。

 

ここで、例題を出してみます。

答えはこの記事の最後に書いておきます。みなさん、チャレンジしてみてくださいね!

 

次の1~3の言葉に対する対義語を語群から選び、漢字で答えなさい。

1.絶対

2.穏健

3.保守

語群:カゲキ、ソウタイ、カクシン

 

と、このように、指定された熟語の意味を理解して初めて問題が解けるようになっています。

 

そして、次回の漢熟検は7月16日に実施します!

受験する塾生は漢熟検で満点を取るぞ!!と意気込んでおり、毎日家で漢字の書き取り練習をやる!と自分で目標を立てて、毎日その結果を報告してくれています。

今からみんなの結果が楽しみです。

この次は秋に漢熟検を実施します。

 

尾頭橋校では、新規塾生を募集中です!一緒に漢熟検の勉強を頑張りましょう!

 

例題の答え

1.相対 2.過激 3.革新