こんばんは、塾長の宮田です!

いつもブログを読んでくださいまして、ありがとうございます。

今日から塾生たちにぽー先生と呼んでもらうようにしています(笑)

普段は呼ばれる時、「先生」だったのでこれをきっかけに、

もっと距離が縮められたらいいなぁと思っています(^^)

 

今回の記事は、勉強嫌いな子について。

私は、勉強って昨日の自分を越えられた!とか、新しいことがわかった!とか

とてもポジティブなイメージを持っているのですが、

みんながみんなそう思っているわけではないですよね。

中には勉強が嫌いな子だっています。

その一因として、学校の授業が理解できない、というものがあります。

 

「真剣に話を聞いているけれど、何の話をしているかわからない。

とりあえずノートを取って、先生の話を聞いて50分過ごそう。」

授業が理解できない子は、このように感じているのかもしれません。

・・・大人のみなさんが同じ状況になったら、どう感じますか?

なかには勉強に対して嫌なイメージを持つ人もいるでしょう。

それはそうですよね。

自分がわからない話を約1時間、無言で聞き続けたり、

内容について質問をされたりすることは苦痛です。

 

では、そもそも授業が理解できなくなった原因は・・・?

例えば、算数の授業ならこんなことが考えられます。

 

・その単元の基礎となる内容の理解が曖昧

・以前に習った単元と関連が深く、その内容を忘れてしまった

 

授業を理解するには基礎の内容、前の学年の内容の習熟が不可欠です。

習熟が曖昧なまま、次の学年に進んでしまうと後々大きな影響が出てきます。

 

当塾は、学年にとらわれずに、前の学年の単元や先の学年の単元を、

必要に応じて学習させています。基礎の部分をがっちりと固められるので、

授業がわからなかった子も、だんだんと内容が理解できるようになり、勉強が楽しくなります!

 

お子さんから「学校の授業がわからない」と言われたら、すぐに当塾へご相談ください!

そのお悩み、解決いたします!

当塾は、ただいま塾生募集中です!

まずは気軽にお問い合わせください♪

TEL:052-212-8844(塾長 宮田)

 

今日はこのあたりで失礼します!

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!